【ゲーム初心者お断り!?】「メトロイド ドレッド」をクリアしたお話(至高の2Dアクション)

10月8日にメトロイド ドレッドが発売されました。

19年振りの完全新作ということで、楽しみにしていた方も多かったと思います。

僕自身メトロイドは未プレイでしたが、初めて紹介映像が流れた瞬間に購入を決めました。

今回はひとまずエンディングまで行くことができたので、よかったところや気になったところをレビューしていこうと思います。

ネタバレ控えめで「スマブラでサムスは知ってるけど・・・」といった方にもできるだけわかりやすく説明していくので、ぜひ見ていってください〜

目次

メトロイド ドレッドとは

まずメトロイドとは・・・ちょい説明

スマブラにも出てくるロボみたいなスーツを着た、サムス・アランが主人公のシリーズです。

簡単に説明すると、未来の宇宙を舞台にバウンティハンター(賞金稼ぎ)であるサムスが銀河連邦などの依頼を受けて冒険する。という物語になっています。

横スクロールのアクションですが、マリオなどのステージクリア型のゲームではなく、広大なマップを探索して武器や装備を集めていくのが基本的な流れになります

ドレッドのマップ(これでもまだ一部)
のぶ

ちなみにメトロイドとは当シリーズに出てくるキャラクターです。
(サムスではない)
ゼルダもそうだけどややこしい・・・
(ゼルダの伝説の主人公はリンク)

これがメトロイド

メトロイドドレッドとは

本作は19年前にGBAで発売された「メトロイド フュージョン」の続きにあたります。

あらすじ

前作から時が経ったある日、「惑星ZDR」にて死滅したはずの寄生擬態生物「X」が発見される。

そしてその調査のために送られたロボット「E.M.M.I.」の失踪をうけ、Xに唯一耐性のあるサムスは銀河連邦からの依頼で惑星ZDRに赴く・・・

といったあらすじになっています。

これまでのストーリーについては公式サイトやYouTubeで解説している方がいるので見てみてください。

タイトルにある「ドレッド」「恐怖」の意味で、BGMや「E.M.M.I.」の存在は恐怖そのものです。

オバケやドッキリ系の怖さではなく、ハラハラする緊張感がゲームを通して続くためホラーゲームとはまた違う恐怖を体感することができます。

もちろん今までのようにフィールドを探索してサムスを強化していく楽しさもあります。

メトロイドドレッドの特徴

E.M.M.I.の追跡

フィールドには「E.M.M.I.ゾーン」と呼ばれる場所があります。

この扉の先がE.M.M.i.ゾーン

そこにはE.M.M.I.が徘徊していて、サムスを見つけるとアラームを鳴らしながら執拗に追いかけてきます。

序盤はまだ簡単に逃げれる

E.M.M.I.は特殊な攻撃でしか倒すことができず、捕まるとほぼほぼゲームオーバーなので、いかに逃げ回りつつ探索をすすめるかがカギになります。

歯応えのある(ありすぎる?)ボスたち

めちゃくちゃ死ぬ

本作で出てくるボスは初見で倒すのはかなり難しいです。

素早い攻撃が多く被ダメージも大きいためゴリ押しで突破も難しく、しっかりと攻撃を見極める必要があります。

何回も死んで少しずつ相手の攻撃パターンを覚えていくいわゆる「死にゲー」要素が強いです。

のぶ

カップヘッドなどをプレイしたことがあれば、イメージしやすいと思います。

メトロイドドレッドの魅力

動かして気持ちいいスピード感

思った動きがそのまま反映されるような操作感で、動かしているだけで楽しいです。

ムービーへの移り変わりがスムーズ

ちょくちょくムービーが挿入されるのですが、プレイ画面とシームレスに切り替わるためストレスなく緊張感がそのまま保たれます。

ただエリア移動のロードが若干長く、そこは気になるかもしれません。

気になったところ

難易度調整や初心者救済がない

本作は先述のような敵の難易度探索の難しさ、ヒントの少なさから、ゲーム初心者の方には勧めづらいタイトルになっています。

誰でも楽しめるイメージの任天堂には珍しく、挑戦的な内容になっています。

次に向かう指示もちょっと曖昧で最低限

特に序盤は隠しブロックを見つけるのが難しく、進行不可だと思ってしまうかもしれません。

使うボタンが多い

基本的な攻撃方法のビーム(Y)やミサイル(Rを押しながらY)、遠い場所に掴まれる「グラップリングビーム」(ZRを押しながらY)、メレーカウンター(X)など

メレーカウンターは序盤忘れがちだけど重要なアクション

これらをフリーエイム(L)をしながら操作するため、どのボタンでどのアクションになるのか慣れるまで少し時間がかかりました。

特にス戦では焦って誤操作をしてしまうことも多く、苦手な人はいると思います。

のぶ

そのうち慣れるので、気になるのはアクションが増える中盤ですね。

エンディングまでは短め

これはメトロイドシリーズの特徴でもありますが、初見でも10時間前後でエンディングを迎えることができます。

一周目が終わった後にハードモードが解禁されるためそれをプレイしたり、クリアタイムの短縮やアイテムの全取得を目指したりするのがメトロイドの醍醐味でもあります。

そのためエンディングを見て満足の方は、ややコスパが低く感じるかもしれません。

まとめ

2D探索アクションの祖として有名なメトロイドですが、本作はその期待を裏切らないゲームだと思いました。

そこにE.M.M.I.が追加されたことによって、よりメリハリや緊張感がうまれて最後までダレることなく進めることができました。

ただ最新ゲームでありながら難易度調整やおたすけモードなどの初心者救済要素はないため、死にゲー耐性がないと途中で投げ出してしまうんじゃないかな〜とも感じました。

2Dアクションが好きな方、歯応えのある難易度のゲームが好きな方には間違いなくオススメなゲームなので、ぜひプレイしてみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日々の気づきや今までの経験を共有できたらと思います。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • Hi there! This is my first visit to your blog! We are a team
    of volunteers and starting a new initiative in a community in the same niche.
    Your blog provided us valuable information to work on. You
    have done a wonderful job!

コメントする

目次
閉じる