「ゼルダ無双 厄災の黙示録」 感想&レビューしてみた

こんにちは。のぶ@summeti)です。

2020年11月に発売された「ゼルダ無双 厄災の黙示録」を真エンディングまでクリアしたので記事にしたいと思います!

本作「ゼルダ無双 厄災の黙示録」や基になった作品である「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」を未プレイの方にもできるだけわかりやすいレビューをしたいと思います!

のぶ

Twitterやってます!よければフォローお願いします。

目次

ゼルダ無双 厄災の黙示録とは

ブレスオブザワイルド

2017年にNintendo switchと同時に発売され、自由度の高いプレイスタイルや感動的なストーリーなどで伝説的な人気を誇るゲーム「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド (以下ブレワイ)」。その100年前のストーリーが描かれるというコンセプトで本作「ゼルダ無双 厄災の黙示録」は発売されました。

そもそもブレワイのストーリーは、厄災ガノンに支配された世界を100年の眠りから覚めた退魔の騎士リンクが救い出すというもの。(めちゃざっくりな説明)

ブレワイ本編でもウツシエの記憶として100年前に何が起きたのかが語られますが、途切れ途切れのムービーだったため詳細にはわかりませんでした。逆にそこがプレイヤーの想像をかき立てて没入感を得るのに役立ったともいえます。

ざっくりまとめると・・・

厄災の黙示録はここらへんからのお話

①厄災ガノン復活の予言。対抗するための古代兵器を発掘。

②厄災ガノン復活。ガノンに古代兵器を乗っ取られ、味方はほぼ全滅。瀕死のリンクにガノン討伐を託し100年の眠りにつかせる。(この時ヒロインであるゼルダ姫の力が発現し、なんとかガノンの力を押さえつける)

ここからブレワイ本編

③厄災復活から100年後、眠りから目覚めたリンクはゼルダの声に導かれガノン討伐に赴く。

ざっくりまとめると・・・

【厄災の黙示録はここらへんからのお話】

①厄災ガノン復活の予言。対抗するための古代兵器を発掘。

②厄災ガノン復活。ガノンに古代兵器を乗っ取られ、味方はほぼ全滅。瀕死のリンクにガノン討伐を託し100年の眠りにつかせる。(この時ヒロインであるゼルダ姫の力が発現し、なんとかガノンの力を押さえつける)

【ここからブレワイ本編】

③厄災復活から100年後、眠りから目覚めたリンクはゼルダの声に導かれガノン討伐に赴く。

バッドエンド確定?

お気づきでしょうか・・・。

ブレワイはガノンに敗北したところからストーリーが始まるんです。

その100年前の物語ということで厄災の黙示録はバッドエンドが確定なのでは?とネットでも話題になりました。

ですがその後配信された1章が先行でプレイできる体験版では、ブレワイ本編とは繋がらないifストーリーであることが示唆される始まり方でした。

ゼルダの伝説は作品ごとにいくつかの世界線に分けられていることでも有名なシリーズであるため(例:ゼルダAはゼルダXの勝利後、ゼルダBは敗北後の世界線で描かれているみたいな)、ifストーリー自体はありえない話ではないと思います。

ただ前述の通りブレワイは100年後から始まるストーリーであることや、人気の作品で購入者が多いこともあり正史が知りたかったと不満の声をあげるプレイヤーも多くいたようです。

プレイしてみて

ストーリーについて

僕は体験版配信時からプレイをしていたのですが、正史かどうかのこだわりはあまりなく納得のいくものであれば良いと思っていました。

結論からいうととても良いストーリーだったと感じました。ifストーリーであればむしろ一番良い着地点ではないかと感じました。

無双であるが故

正直この作品の賛否が分かれるのはストーリーではなく、操作性にあると感じています

ブレワイでは壁を見つけたらよじ登って向こう側に行くことができたり、武器を使わず崖から岩を転がして敵を倒せるなど自由度の高い操作性となっています。

対して厄災の黙示録はあくまで無双ゲームのため、ブレワイの操作感をイメージしているとかなり不自由に感じてしまいます。ジャンプができない(壁キックみたいなことはできる)ため低い段差も登れずイラッとしたり、景色はあるのに見えない壁があって思い通りに進めなかったりと無双だと頭ではわかっていても不便に感じてしまうことが少なからずありました。

特に高低差があるマップが多くありながら、所定の位置でしか上下の移動ができずマップをみてもわかりづらいというところが個人的には不満に感じる点でした。

ネット上では処理落ちして動きがコマ送りのようになることが頻繁に起こる点が不満点として挙げられていました。僕はswitchのソフトでは割とよくあるのでそこまで気になりませんでしたが、購入する前には体験版をプレイしてみることを強くオススメします。(製品版へデータの引継ぎができるため)

エンディング後

エンディング後にもストーリーの続きがありますが、アイテムを集めるためにミッションをこなしていくもので少し作業感を抱いてしまいました。

ただその後のムービーまで見ることで、よりゼルダの世界に浸れたので達成感はありました。

最後に

そもそも無双は向き不向きが分かれる

人気の高かったブレワイの関連作ということでかなり期待されていた本作ですが、発売後は賛否両論がかなり分かれる評価となっています。

多くの敵を薙ぎ倒し、キャラや武器のレベルを上げてミッションをクリアしていく。という無双及びハクスラは人を選び、ハマる人はとことんハマるジャンルだと思います。そこにファンの多いブレワイプレイヤーが多数参入したことで、「思ったものと違う」と評価を下げる要因になっていると思います。

僕も無双ゲーム自体は初めてのプレイだったのですが、ブレワイのキャラや街のデザイン、攻撃のバリエーションなどは無双にうまく落とし込んでいると感じました。ブレワイでは使えなかったリンク以外のキャラを操作できるのもファンには嬉しい点だと思います。

ただやはり無双であることを念頭に置いて購入、プレイすべきだと思いました。無双好きな方はゼルダに興味がなくても楽しめるでしょうし、厄災の黙示録から無双の面白みを得たプレイヤーも多数いると思います。

僕は真エンディングを見終えるまでで十分満足でその先に進めることはありませんでした・・・。

オススメできる人、そうでない人

・ブレワイをプレイした方

・ゼルダシリーズが好きな方

・一味違う無双ゲームを楽しみたい方

にはぜひオススメできる作品だと思います!

逆に、過去に無双が合わなかった・ブレワイの正史じゃないと受け付けない! という方は購入を見送った方が良いかもしれません。

ぜひ一度体験版をプレイしてみることをオススメします!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日々の気づきや今までの経験を共有できたらと思います。

コメント

コメントする

目次
閉じる