【いつから始める?】一人暮らしの物件探しをした話(タイミング編)

こんにちは。のぶ@summeti)です。

最近やっと家を出て一人暮らしを始めました。転職等色々あったので金銭的に渋っていたのですが引っ越してみると案外いけちゃうもんですね。

約1ヶ月経って落ち着いてきたので、備忘録も兼ねて賃貸を契約するにあたって自分がやったことや後悔したことを振り返ってみようと思います。

今回は部屋探しを始めるタイミングについての記事です。初期費用など金銭に関する記事は後日書きたいと思います。

のぶ

Twitterやってます!よければフォローお願いします。

目次

家を探すタイミング

何ヶ月前から探し始める?

半年前でも一年前でも引っ越しを考え始めたら、まずスーモなどの住宅情報サイトで住みたいエリアの相場を調べましょう。

引っ越しまでの期間が空いていると調べたところに住める可能性は低いですが、家賃にいくらまで出せるのか、また希望の家賃でどの程度の部屋に住めるかを知ることはとても大事です。

のぶ

時期にもよりますが、3ヶ月前くらいにはエリアや条件がある程度絞れていると良いと思います。

仲介業者との出来事

初めに利用したのはイエプラというアプリでした。

アプリで完結して仲介業者に出向く必要がなく、便利そうだったのですが物件を紹介してもらえるのは引っ越し日の1ヶ月前からということでした。

当時はまだ2ヶ月くらい前だったため、まだ探すのは早いかと思い一度時間を置くことにしました。が、少しでもいい物件はないかとスーモを毎日覗いていました

探し始めて1週間ほど、かなり良さげな物件が!

条件も値段も希望とほぼほぼ一致したのでスーモに記載されていた仲介業者に連絡しました。

のぶ

この物件について聞きたいんですけど・・・

仲介業者A

まだ空いてますよ!
でもこの物件は人気なのでいつ取られるかわからないです。
ひと
まずお店に来てください〜

のぶ

そしたら3日後にお願いします!

初めてということもあり訳もわからず来店予約をしたのですが、他の仲介業者にも電話をかけてみることに

すると・・・

仲介業者B

もうその物件は埋まってますね・・・

と思いつつも他にいい物件も見つからなかったので仲介業者Aの方にいくことに。

仲介業者A

ちょうど埋まっちゃったみたいですね・・・

はい。知ってました。

他にも色々と物件を紹介してもらいましたが、いまいちピンとこないものばかり・・・。ネットでの評価は良かったのですが自分にはあっていなかったようなので退店。

その日は何件か回る予定で、結局は最後に行ったところで良さげな物件を紹介してもらい僕の物件探しはおわりました。

最後に行った仲介業者の方に一件目の話をすると・・・

仲介業者B

情報が出てすぐ契約が決まる物件だとスーモの情報更新が間に合わず掲載されてしまうことはよくあります

ということらしいです。

ただリアルタイムで更新される業者用サイトがあるらしく最新情報はすぐにわかるらしいので、とりあえず店に来るように勧めてくる業者は注意した方がいいとのことでした。

何ヶ月前に店に行けばいい?

最終的に1ヶ月半前くらいに物件を決めた僕ですが、ネットで見る限りは1ヶ月前くらいに実際に仲介業者に行くといいみたいな記事がたくさんありました。少し早計過ぎたでしょうか?

これに関しては自分のタイミングでも少し遅かったと感じています。

僕が目指していた条件は

  • 家賃7万円以下
  • 最寄り駅から徒歩10分以内
  • 職場(新橋)から電車で30分以内
  • 風呂トイレ別
  • 独立洗面台付き
  • 脱衣所あり
  • 築浅
  • 1階か階下に部屋がない(リングフィットで迷惑かけるかも知れないため)

これは一人暮らしで希望する人が多く、特に都内で家賃7万以下・風呂トイレ別・駅から徒歩10分圏内はかなり人気の条件らしく新しい情報が出てもすぐ埋まってしまうとのことでした。

多くの賃貸は退去する1ヶ月前までに申請をしなければいけないため

入居者は余裕を持って2ヶ月前くらいに申請→貸主は空室期間を作りたくないためすぐに募集をかける

という流れが多いため2ヶ月前くらいには仲介業者で情報収集をすればよかったと思いました。また人気の物件は退去前に募集をかけているため、内見はできないと考えた方がいいです。

のぶ

その代わり空きを作らないために敷金礼金が0円のことも多いようです。

選んだ物件は・・・

最終的に僕が選んだのは

  • 家賃7万円弱(管理費込み)
  • 職場まで電車で30分台
  • 最寄り駅から徒歩10分ちょっと
  • 風呂トイレ別
  • 独立洗面台あり
  • 築浅
  • 1階

の物件に決めました。

当初はもう少し都心に近い駅で探していましたが、その他の条件と天秤にかけ選びました。というのも当分は在宅勤務のためそこまで職場の近くにこだわる必要もないと感じたからです。

最近は自転車で行動しているので駅からの距離もそこまで気になりません。

内見せず写真だけで判断したのでイメージと違う部分もありましたが、一人暮らしには十分の部屋だと思っています。

のぶ

2年経てばすぐ引っ越せるしね。

まとめ

思い立ったらアプリで検索! 2ヶ月前くらいから仲介業者へ!

初めて一人暮らしを始める時は、色々と理想を思い描いてなるべくいい部屋に住みたいと思ってしまいますが全てを満たす物件はなかなかありません

僕の実家は(埼玉にほど近い)都内だったため、ある程度家賃相場は知っているつもりでしたが思っていた以上にどこも高かったです。地方から上京してくる方は家賃と部屋の狭さにびっくりするかも知れません。

なので一人暮らしを始めようと思い立ったら相場を調べてまず現実を直視すべき!です。そしてどこを譲歩できるか考えてみるといいと思います。

そしてあなたがいいなと思った物件は他の人もいいと思っている物件です。虎視眈々と狙っている人達に先を越されないためにも早めの準備をオススメします。

ただすぐに決めすぎると金銭的に損する場合もあるので、次回の記事に書きたいと思います。

ゆっくり探したいなら

前述の通り希望の多い条件の物件は、退去前に募集をかけているため内見ができる可能性は低いです。

逆に言えば人気の条件から外せばゆっくりと探すことができるかもしれません。(家賃が高い、駅から遠い、築年数が古い)

僕の条件と合いませんでしたが、23区内でもかなり古い代わりに家賃7万円前後で1LDK以上の物件もあるみたいです。

お金に余裕がある場合は繁忙期(1月〜4月上旬くらい)に部屋を探す方がいいかもしれません。競争率が高く初期費用が交渉できない可能性がありますが、空き部屋の絶対数も増えるので部屋を見つけやすい可能性があります。

のぶ
のぶ

首都圏に限った話なので悪しからず。

のぶ

首都圏に限った話なので悪しからず。

最後に

僕の場合は退去前に募集をかけているなんて知らなかったため、一番住みたかった部屋を逃してしまいました。

みなさんには同じ失敗をして欲しくないので、逆算してしっかりと準備をして臨んでほしいと思っています。僕も次に引越しする際は気をつけたいと思います。

次回は初めての物件探し(お金編)を書いていきますのでよかったらそちらもご覧ください。

続きの記事はこちら

あわせて読みたい
【少しでも安く】一人暮らしの物件探しをした話(お金編) こんにちは。のぶです。前回は引っ越すタイミングについて記事にしましたが、今回は一人暮らしの引っ越し初期費用をおさえる方法を実体験をもとに紹介していこうと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日々の気づきや今までの経験を共有できたらと思います。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる