【その休み方あってる?】社会人の休日の過ごし方を考える

※こちらは「SABICHOU」のPR記事になります。

こんにちは。のぶ@summeti)です。

突然ですが休日って何してますか?

「気分転換をしたいので、毎週末友達と買い物に出かけている」

「休日は時間を気にしなくていいから夕方まで寝てる」

など様々あると思います。

普段の仕事でプレッシャーやストレスで疲れている分、休日はできるだけ心身を回復させたいですよね。

ですが、もしかすると今のあなたの休み方は逆効果になっているかもしれません。

今回はそんな忙しい社会人の方に向けて有意義な休養のとり方、休日の過ごし方を紹介していこうと思います。

のぶ

Twitterやってます!よければフォローお願いします。

目次

消極的休養と積極的休養

休養にはパッシブレスト消極的休養)」アクティブレスト積極的休養)」の2種類があると言われています。

パッシブレスト(消極的休養)

体と頭を安静な状態にして、ゆっくりと休ませる疲労回復法がパッシブレストです。

休養と聞くとこちらをイメージする方が多いと思います。

パッシブレストの例
  • 睡眠
  • 音楽・映画鑑賞
  • 瞑想
  • 日記を書く

など

アクティブレスト(積極的休養)

パッシブレストとは反対に、あえて積極的に体を動かすのがアクティブレストです。

軽い運動をすることで血の巡りが良くなり、疲労物質がスムーズに排出されるようになります。適度に体を動かすことで、精神的なリフレッシュ効果も期待できます。

アクティブレストの例
  • ストレッチ
  • ヨガ
  • 散歩やジョギング
  • 入浴やサウナ

など

バランスが大事

疲労回復にはパッシブレストとアクティブレストをバランスよく組み合わせることが大事です。

一日中寝ていても、体を動かし続けていても返って疲労が溜まってしまいます。

また有酸素運動は、脳内のセロトニンという幸せを感じるホルモンの分泌にも関係しているという研究結果も出ているそうです。

普段のデスクワークで脳が疲れてしまっている方こそ、アクティブレストが大事ということですね。

そのため、休日はまず体を動かして疲労物質の排出を促し、その後はゆったりと過ごすのがオススメです。

オススメの休日の過ごし方

実際にパッシブレストとアクティブレストを組み合わせた休日の過ごし方を少し紹介していきたいと思います。

カフェまで歩いてモーニング

少し歩いて近所のカフェまで行くのはどうでしょう。多くのカフェではモーニングサービスを行なっているためあまりお金をかけずに利用できます。

カフェに着いたら読書をするなどゆったりとした時間を過ごすのがオススメです。

ちなみに日の光を浴びることでもセロトニンが分泌されるので、休日もなるべく朝に起きて行動する方がいいと思います。

銭湯・サウナでゆったりと

家のお風呂もいいですが、たまには開放感のある銭湯やスパなどに行くのもいいですね。最近はサウナが流行っているため色々な場所に温浴施設があると思います。

お風呂やサウナから出たあとは、休憩所でマンガを読んだりマッサージチェアでゆったりしてみてください。

おうちでストレッチやヨガ

最近では教室に行かなくても、YouTubeなどの動画配信サービスで見れるので気軽に体験できます。

姿勢も改善されるので普段の仕事も楽になるかもしれません。

最後に

休日の過ごし方を見つけるには

社会人になって仕事に追われると、休日は寝るだけで何もせずに一日が終わってしまうこともあると思います。

そのため適切な休養が取れず、また仕事に追われる・・・というループに陥ってしまいがちです。

そんな時はあえて能動的に休日の過ごし方を変えてみてください。

SABICHOU」を使えば、ジャンルごとにたくさんのサービスを探すことができます。500種類以上のサービスがまとめられており、比較が簡単に行えます。

例えば、「アクティブレストを実践するためにジムに通いたい・・・」という場合も様々なサービスから比較・検討することができます。

ぜひSABICHOUを使って目当てのサービスを見つけてみてください。

静と動のバランス

「ゆったり過ごすこと」と「適度に動くこと」どちらが欠けても良い休養はできません。

パッシブレストとアクティブレストの両方を取り入れて、心身共に健康な社会人生活を送れるよう頑張っていきましょうー!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日々の気づきや今までの経験を共有できたらと思います。

コメント

コメントする

目次
閉じる