【前作と何が違う?】マリオパーティ スーパースターズをプレイしてみて(これだよこれ)

こんにちは。のぶ@summeti)です。

10月29日にマリオパーティの最新作

「マリオパーティ スーパースターズ」

が発売されました。

3年ぶりの発売となった今回のマリパは一言で表すと懐かしいけど新しい印象を受けました。

「みんなで遊べるゲームが欲しい」と思って購入したのですが、想像以上に楽しめる内容だったので買って正解でした。

良い点や気になった点、前作の違いなどを交えながらレビューしていきたいと思います。

のぶ

Twitterやってます!よければフォローお願いします。

目次

マリオパーティ スーパースターズとは

マリオパーティとは

おそらくご存知の方も多いと思いますが、マリオパーティは

  1. すごろくを進める
  2. ミニゲームで戦う
  3. 止まったマスやミニゲームの結果によりコインをゲット
  4. 集めたコインでスターをゲット
  5. スターの数で勝敗を決める

こんなパーティゲームになっています。ミニゲームも初心者でも遊べるものばかりで、老若男女楽しめるゲームです。

1998年に一作目が発売したのでプレイしたことがある方も多いんじゃないでしょうか。

のぶ

僕は小学生の頃、ゲームキューブの「4」に大ハマりしました

基本的にはリメイクまとめ

「マリオパーティ スーパースターズ(以下本作または今作)」は5つのマップ100種類のミニゲームが収録されています。

完全新作ではなく「初代〜3」から5つのマップ・「初代〜10」から100種類のミニゲームが厳選されていて、ミニゲームに関しては

  • N64 ・・・ 55種類
  • GC   ・・・ 36種類
  • Wii ・・・ 6種類
  • Wii U ・・・  3種類

といった配分になっています。

Wiiはリモコンを使った体感型のミニゲームが多いからか、半分以上がN64からになっていますね。

のぶ

小さい頃にN64のマリパを友達の家でやっていたので、綺麗なグラフィックで昔のミニゲームが遊べることに感動しました

前作との違い

ミニゲーム・マップの数が多い

前作の「スーパーマリオパーティ」はマップの数が4つ・ミニゲームの数が80個と若干少なく、完全新作とはいえ少しボリューム不足が目立ちました。

また、リズムゲームなど実際にすごろくの際にプレイできないゲームもあったため、体感は更に少なく感じました。

今作はリメイクならもう少し増やせたのでは・・・?と思う部分があるのですが、前作よりも確実にボリュームアップしています。

のぶ

「1」のマップが8種類あることを考えると・・・

Switch Liteでも遊べる

前作はJoyコン(Switch付属のコントローラー)を使った体感ゲーム的な要素もあり、他のコントローラーが非対応でした。

そのためSwitch Lite単体では遊ぶことができなかったのですが、今作ではボタンとスティック操作のミニゲームだけとなっているのでLiteの他にもプロコンなどでも遊べます。

体感ゲームが好きな方は前作を買った方が満足できるかもしれません。

のぶ

Wiiからのミニゲームもボタン操作のもの

オンラインプレイ対応

前作でもアップデートによりオンラインプレイが対応になりましたが、一部プレイできないミニゲーム等があります。

今作ではミニゲーム・すごろく共にオンラインプレイが可能です。

さらにランダムマッチが実装されました(前作ではフレンド同士かパスワードの入力が必要)。これにより一人でも歯応えのある対戦を楽しむことができます。

オンラインでフレンドと遊ぶ場合は本体と同じ数のソフトが必要です。ただ、一つのソフトで3人まで参加することができます。

例えば・・・

同じ家にいる3人(TVモードなど)と離れた場所の1人という組み合わせでプレイすることもできます。

のぶ

個人的にランダムマッチはアツい

実際にプレイしてみて

良かった点

懐かしの体験ができる

リメイクなので当然ですが、過去のミニゲーム・マップを綺麗なグラフィックでプレイすることができます。

シリーズを追うごとにすごろくのルールなども変わっていったため、前作をプレイした時には少し違和感を感じました。

「マリパといえばこれこれ!」って感じで当時を思い出します。

パーティゲームとして最高

オリジナル版よりもマップが短くなっているなど、ただの移植ではなくしっかりとリメイクがされています。

比較的コインも集めやすくテンポも早いため、最後まで勝敗がわからない場合が多い印象です。ミニゲームは選択されるとシームレスに練習画面に遷移するので、ストレスなくルールが理解できます。

すぐに練習が始まってわかりやすい

オンラインプレイ・ランダムマッチに関してはラグを感じることはなく、スタンプで意思表示もできるため、会話こそできませんが一人でも楽しむことができました。

気になったところ

微妙にボリュームが少ない気がする

先述しましたが、マップが5種類っていうのは正直寂しく感じます。

キャラクターも10人しかいないため、前作で使用できたキャラが20人だったことも考えるともう少しいてもいいんじゃないかな〜というのが感想です。

のぶ

追加アップデートに期待

UIがシンプル

これは気にならない・こっちの方が好みという方もいると思いますが、UI(画面に表示される情報など)が前作寄りのシンプルなものであるというところです。

僕のイメージしているマリオパーティは結構賑やかなイメージだったので、よく言えば見やすい・悪く言えば味気ないつくりなのかなと思います。

個人的ガチハマりミニゲーム

「はくねつ!ビーチバレー」という「4」からのミニゲームがあるのですが、

これ、ガチでハマります。

購入した際は是非やってみてください。

まとめ

  • 完全新作ではないものの、基本的にはN64からとだいぶ昔のタイトルであるためほぼ新作と言っても差し支えない
  • 個人的にはもう気持ちボリュームがあったら嬉しかったが、ゲーム性はバランスがよく誰もが楽しめる
  • オンラインプレイも充実しているため、フレンドでやるも良し。ランダムマッチで一人プレイ良し

ということで、一家に一本・グループで一人持っていると集まった時に盛り上がれるのでとてもオススメです。

できればマップをもう少し増やしてほしい!追加アップデートお願いします!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日々の気づきや今までの経験を共有できたらと思います。

コメント

コメントする

目次
閉じる